胃カメラ

胃カメラとは

細いファイバーを口から入れて食道・胃・十二指腸をカメラで診る検査です。これにより炎症、がん、ポリープなどを早期発見できます。また、ピロリ菌感染の診断も可能です。

当クリニックの胃カメラの特徴

  • 麻酔で眠らなくても、苦しくない検査を実施
  • 開院して14年、年間内視鏡実績3,000件以上
    (のべ3万件以上)
  • 早朝から検査が可能。土曜・日曜も検査を実施。

当院の胃カメラ検査の特徴

当院の胃カメラ検査の特徴

細いファイバーを口から入れて食道・胃・十二指腸をカメラで診る検査です。これにより炎症、がん、ポリープなどを早期発見できます。
また、ピロリ菌感染の診断も可能です。

  • 麻酔で眠らなくても、苦しくない検査を実施
  • 開院して15年、年間内視鏡実績3,000件以上
    (のべ3万件以上)
  • 早朝から検査が可能。土曜・日曜も検査を実施。

1最新システム

  • オリンパス社製の最新機器「EVIS LUCERA ELITEシステム」を導入しているので、検査の画像は精細であり、検査をより楽におこなうことができます
  • 胃カメラのファイバーは、直径わずか5.5mmの最新細径ファイバーを使用しています
  • 食道がん発見に効果的な「NBI」という特殊光線をあて、食道の観察を行うため早期食道がんの発見能力が高まりました

2なぜ苦痛の少ない検査が可能なのか

その理由は、幾つもあります。 最新の極めて細い内視鏡を使うことも、大切なポイントです。 しかし内視鏡を操作する医師の技術が、より重要です。上手な医師が行えば、太い内視鏡を使っても楽な検査ができるのです。 検査の実施に関わるのは医師だけではありません。検査の説明の段階から検査が始まっていると私達は考えます。内視鏡検査に関わる全てのスタッフが、患者様が楽な検査を受けてくださるように心をひとつにして患者様と接することが大切です。 最後は、なんといっても検査を実施する医師が、患者様にわずかな不快感すら与えないように徹底的にこだわり続けることで、驚くほど快適な検査が可能になります。

3検査日/時間

月・火・水・金・土・日曜日に実施しています。
早朝7:30から検査をおこなっていますので、お仕事へ行く前に受けていただくことが可能です。また、土・日にも検査をおこなっていますので、週末しかお休みがない方でも、安心して検査を受けていただくことができます。

4経口内視鏡検査

経験値が高く、抜群の腕を持つ内視鏡専門医が検査をおこないます。そのため、痛くて今まで経鼻しかおこなったことがない方でも、痛みや苦痛を感じることなく、口からの検査をおこなうことができます。特に、鼻腔が細い方・鼻血が出やすい方・検査で鼻血が止まらなくなったことのある方は、当クリニックの経口内視鏡検査をおすすめします。

検査の流れ

当クリニックでは、苦痛がなく・楽に・安全に検査をおこなうことができます。検査は、内視鏡の専門医で、経験豊かな腕のよい医師が担当します。また、一般的な麻酔を使用しないため、検査時の身体への負担がほとんどありません。検査中も意識はしっかりとしていて、眠くなることも一切ありませんので、お仕事前でも検査を受けていただくことができます。

1ご来院

ご予約時間の5~10分前までにご来院ください。(保険証をご提示いただきます)

※紹介状や、バリウム検査の結果表などがございましたら、ご持参ください。
※なるべくゆったりとした服装でご来院ください。

2検査

胃カメラ検査は、内視鏡専門医がおこないます。
麻酔は、スプレーでおこなう喉の麻酔と、注射でおこなう軽い麻酔の2種類です。検査時間は5~10分です。
意識がなくなることがありませんので、回復は早いです。
検査後は、喉のスプレー麻酔の影響がなくなるまでお休みいただきます。

3結果説明

休憩をとっていただいた後、診察室にご案内して、検査の結果を医師からご説明させていただきます。
治療が必要な場合は、医師からお薬の処方や、今後の治療方針についてお話いたします。

4検査後の注意事項

検査後、お休みになる時間をとっていただければ、お車での来院も可能です。
その場合は検査終了後に時間の余裕をみてご来院ください。

CONTACT

診療時間 9:00~20:00 休診日 祝日 TEL:0467-48-6678
contact_tel_sp.png

早朝・土曜日の検査にも対応
※当日予約の方はご相談ください

TEL:0467-48-6678診療時間9:00~20:00PAGETOP